HOME > ワイヤーストリッパー > オートワイヤースキンマシン SA-367型

オートワイヤースキンマシン SA-367型

オートワイヤースキンマシン SA-367型

周辺機器

周辺機器

束線・ドラム供給装置や巻き取り機等、豊富な周辺機器をご用意しております。

周辺機器

製品ムービー

オートワイヤースキンマシンのムービー(19.5MB)

ムービーを再生する
Windows Media Player

Windows Media Player
ダウンロードはこちらから


全自動

全自動ケーブル測長切断剥離機

切断長・剥離寸法・本数等を設定するだけで、全自動で切断剥離を行う装置です。ダブル4ローラー駆動と微少変位同期制御によって、測長途中で電線に負荷が生じた場合でも、測長のバラ付きが無く加工ができます。

カタログダウンロード 取扱説明書ダウンロード

※取扱説明書のダウンロードにはID、パスワードが必要です

仕様

電源 三相200V 20A
外形寸法 幅1,400×奥行650×高さ1,420mm
電線通過高さ 床上1,000mm
重量 約350kg
ライン勝手 右勝手(左から右に送る)
操作方法 日本語対話式タッチパネル
切断長 110〜3,000,000mm(3,000m)
送り速度 0.02mm〜2.00m/秒(加減速調整可能)
適用電線 一般ビニール電線(VCT、VCTF、通信コードなど) 外径20mm・幅40mmまで
車輌用ケーブル(WL1、WL2)100sqまで
動力ケーブル(IV、HIV、CV、KIP等)38sq(CVは22sq)まで
剥離寸法 前剥き0〜9,999.9mm
後剥き0〜210.0mm
ストローク 前剥き0〜110.0mm
後剥き0〜215.0mm
測長精度 高精度モード:±0.1%
高速モード:±0.2%
但し、当社サプライ装置使用時

特徴

  • 微少変位同期制御により、測長途中の電線に負荷が生じた場合でも、切断長のバラ付きがありません。
  • ダブル4ローラー駆動と測長エンコーダーにより、バラ
    付き精度を±0.1%実現しました。
  • メイン画面集中操作のタッチパネルにより、何方でも手
    軽に操作が可能です。
  • 刃型はX(クロス)刃標準装備されています。
  • 皮剥きをするときに、ハンドで電線を挟み込んで剥きま
    すので、外皮と内皮の密着がされていない電線でも、剥
    き寸法の狂いが生じません。
  • Ethernetでパソコンと接続をしExcelベースの専用通信
    ソフトにより、データの送受信と機械操作ができます。
  • 設定データはメモリ機能として100件まで登録できま
    す。

ページトップへ

一覧