HOME > 計尺(測長)器 > OSTA Model CSB-6080

OSTA Model CSB-6080 ベルト式計尺機

ハンドル式CSB-6080H

ハンドル式CSB-6080H

レバー式 CSB-6080R

レバー式 CSB-6080R

カウンタ

ベルト式計尺機

機械式カウンタによる測長器で、電線の長さを簡易的に測る場合に使用します。
ハンドル式CSB-6080Hとレバー式CSB-6080Rの2種類があります。
ローラーに電線を挟み込み、カウンタをリセットして電線を引くだけで 1cm(10mm)毎にカウンタされます。
クセの強い電線や硬い電線の場合にはCSB-6080Hが適しています。

カタログダウンロード取扱説明書ダウンロード

※取扱説明書のダウンロードにはID、パスワードが必要です

仕様

名称 ベルト式計尺器
機種 CSB-6080H(ハンドル式)
CSB-6080R(レバー式)
計尺方法 タイミングベルト(300mm直線部)上に電線を挟み 電線の移動量をタイミングプーリを介して機械式カウンタで計尺します
機械寸法 幅710×奥行364×高さ615(mm)
機械重量 74kg
最小計尺単位 1cm カウンタ表示はcm単位
計尺長さ 1〜99,999cm(1,000m)
最高計尺速度 1.67M/sec(100M/min)
適用電線サイズ 外径φ2〜φ80mm(幅80mm以下)
繰返計尺精度*1 ±0.5%
押さえローラ
開閉方式
ハンドル式:CSB-6080H
レバー式:CSB-6080R

*1)繰返計尺精度は使用方法や測定物によって異なる場合があります

特徴

  • 機械式カウンタで計尺を行うので電源は必要ありません。
  • ベルト式計尺方法ですので凸凹の電線などの計尺も可能です。
  • 電線の移動方向(勝手方向)は設定によって選択できます。(カウンタの取付位置の変更で切替します)

CSB-6080H ベルト式計尺機

ページトップへ

一覧