HOME > ケーブルカッター > 全制御測長切断機 SA-371型・371B型

全制御測長切断機 SA-371型・371B型

全制御測長切断機 SA-371型

トランクワイヤープロセッサー SA-371B型

トランクワイヤープロセッサー SA-371B型

SA-371型をグレードアップさせた、ビルハーネス用幹線ケーブルの加工機。CVT250sq測長切断、CVT325sq測長加工が可能なハイパワー仕様。測長誤差±0.05%の高精度。

周辺機器

周辺機器

サプライ装置や巻取機の他、マーク機やミッドストリッパー等、さまざまな周辺機器と連動します。

周辺機器

全自動

全自動ケーブル測長切断機

最大でCVT100sqまで切断できる全自動のケーブルカッター。3,000mの測長で±0.05%という高精度を誇ります。多彩な周辺機器制御機能を装備。

カタログダウンロード 取扱説明書ダウンロード

※取扱説明書のダウンロードにはID、パスワードが必要です

仕様

電源 三相200V 15A (SA-371)
三相200V 25A (SA-371B)
外形寸法 幅1,080×奥行780×高さ1,345mm(SA-371)
重量 約420kg(SA-371)
適用電線 最大外径
φ50mm・幅50mm(SA-371)
φ70mm・幅70mm(SA-371B)
測長適用サイズ
φ50mm(SA-371)
CVT325sq(SA-371B)
最大切断負荷能力
CVT100sq(SA-371)
CVT250sq(SA-371B)
送り張力 定格約65kg・ 最大約196kg(SA-371)
定格約140kg・ 最大約450kg (SA-371B)
切断長 1〜3,000,000mm(3,000m)
測長精度 ±0.05%(当社推奨のサプライ装置を使用)
送り速度 0.1m/秒〜1.0m/秒
加減速時間 0.4秒〜9.9秒
操作方法 タッチパネル方式
運転モード 通常運転・ポイントスタート運転
通信規格 Ethernet 10base,100base

特徴

  • 独立懸架の4ローラーは、凸凹の電線でも安定したグリップ力を発揮します
  • ベルト式エンコーダ測長は、再現性のある高精度測長を実現
  • 切断長補正値の設定で、電線の軟硬材質による測長誤差を低減
  • 各ポイント設定ができる「ポイントスタート運転」は、独自の測長運転方法により、各ポイント間の累積誤差をなくします
  • 豊富な周辺機器の制御を一貫して行うことで、ライン全体の合理化・省人化を可能にします
  • Ethernetにより、PCと接続してデータの送受信ができます

ページトップへ

一覧